MENU

 

 

 

 

MESSAGE

 

この一年余り、新型コロナウイルス感染症が世界中に拡散し、日常の生活が一変しました。この感染症は変異株も発生し、大変厳しい状況が続いていますが、世界各国でワクチン接種が進んでいます。

我が国でも、医療従事者を対象に、本年2月17日からワクチン接種を開始し、高齢者のワクチン接種も始まりました。6月末までに、全国高齢者全員(おおよそ3600万人)が2回接種できる分量を供給し、その後、基礎疾患を有する者、高齢者施設従事者、それ以外の方へ順次移行します。ワクチン接種は、強制ではありません。接種を受ける際は同意が必要であり、感染予防の効果と副作用のリスクの双方についてご理解いただいたうえで、接種を行っていきます。

さて、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催まで100日を切りました。安全・安心な大会開催に向け、関係各位と緊密な連携を行い、準備を進めています。

オリンピックのシンボルである聖火は、新型コロナウイルス感染症対策を実施し、皆様のご協力のもと日本全国をリレーしています。人々に希望と勇気を与え、聖火ランナーたちがそれぞれの思いを胸に、聖火をつないでいます。千葉県には、7月1日(木)から7月3日(土)まで聖火がやってきます。東京湾に浮かぶパーキングエリアである木更津市の「海ほたる」から出発し、私の故郷である南房総をつなぎ、千葉県内を巡ります。

また、大会期間中、円滑な大会輸送と経済活動・市民生活の両立を図るため、首都高速道路利用者に、TDM(交通需要マネジメント)施策であるロードプライシングの導入が決定しています。

そして、開通24年を迎える東京湾アクアラインですが、ETC普通車800円等とする通行料金引き下げの社会実験が12年目を迎えました。その効果は顕著に表れ、千葉県はもとより、首都圏全体に大きな経済効果をもたらしています。その一方、交通量は右肩上がりで増え続け、土日祝祭日は、渋滞が深刻となる時間帯が発生しています。早急に、渋滞緩和に向けた取り組みを始めなければなりません。様々な方法を検証していくなかに、ロードプライシングもその方法の1つであり、道路を賢く使っていくことを進めたいと思います。

私は、これまでの政治経験を活かし様々な課題を真摯に取り組み、私の故郷、南房総の発展と我が国の繁栄のため、粉骨砕身努力してまいりますので、何卒、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

衆議院議員 浜田靖一

POLICY

政策

 

浜田やすかずは以下の4つの政策を提言します。

政策1 安全保障

政策2 持続的な社会保障

政策3 地方創生

政策4 災害に強い国

Read more
 

POLITICAL ACTIVITY

活動記録

 

ボランティア活動から外交、講演会まで多岐に渡る政治活動の記録をご紹介します。

・2019年台風15号・19号災害視察

過去の活動記録

 

SUPPORT

後援会

 

皆様のお力に感謝いたします。浜田やすかずは皆様のお声を国会に届けます。

 

後援会入会はこちら

緊急支援バナー

PAGE TOP